1/3

三島手の高台付フリーカップ(茶碗)/馬目隆広(マノメ工房)

¥2,200 税込

残り1点

別途送料がかかります。送料を確認する

¥15,000以上のご注文で国内送料が無料になります。

内側に三島手が施されて少し煌びやかな印象のある器です。
高台付きのフリーカップ、あるいは茶碗とも言えるかもしれません。

それぞれの使い方を試してみてもらえたら。

個体差がありますので誤差はご了承いただきたいのですが、
高さはおそよ7cm、口径はおよそ11cm
深さがそこそこありますので、
茶碗として使うならば、ご飯1杯はしっかり入る印象です。

すっと手になじみ、口当たりも良い
生活に馴染むカップだと思います。

個人的には馬目さんに茶碗の印象はあまりなかったのですが、
目にしてみるとしっくりときて、使いやすそうだなと感じました。
豪華な印象のある器なので、果物やデザートの盛り付けにも良いかもしれません。

※カップ2つほどまでは60サイズでお送りできると思います。
以上は80サイズの送料をご選択ください。

以下は年末、久しぶりにマノメ工房を訪ねた時の雑感です。

馬目さんは、らくだ舎がはじまった時から
珈琲カップや食事プレート使わせてもらっていて、
僕たちにとっても思い入れのある作り手です。

年末差し迫る忙しいタイミングで伺ってしまい
申し訳ないことをしましたが、
焼かれるのを待つ器がたくさん並ぶ窯を目にでき、
器は土から作られている当たり前を感じ、
素の器にしかない土のいい表情を拝めました。
足を運べてよかった。
素焼きの土器が好きだったことを思い出しました。

店で販売するための器も、
いくつか分けてもらい、店頭にはすでに並べています。

「意外に軽い!」という声を聞くこともしばしばで、
使いやすい、生活になじむ器です。


カップやお皿一つに何千円というのは、少し高い気もします。
そう思っていた時期もありました。
金額の多寡が思い入れに直結するともいえず、
100均なんかで間に合わせで買ったカップが案外使いやすかったり、
愛着が湧いて使い続けていたり、
なんて場合も少なくありません。

価値はそれぞれの生活環境や背景に基づいて形作られもので、
金額の多寡=価値の多寡
ではない、と思います。

らくだ舎で器を置く意味をひねり出すとするなら、
せっかく訪れてもらったときに(それはネットショップを含めて)
生まれるかもしれない出合いを願い、
その過程が物への愛着を高める
あるいは、
結果的に長く使い続けられる。
その手助けをすることなのかなと暫定的にとらえています。

結果
そこに金銭がついてきて、
僕らの生活が続き、
また新たな物を紹介できたり、
新たな出合いが生まれていく。

人が減り、ものが溢れるこの時代に
あえて物を扱う意味を(それは本も含めて)
考え続けながら、
本や物をいそいそと仕入れては、
店に並べて売ってみています。

西荻窪の雑貨店「FALL」を営まれている三品輝起さんの新著『波打ちぎわの物を探しに』(晶文社)にも
そんなことが書いてありそうです。タイトルが秀逸です。
(すみません、仕入れてはいませんので、気になる方は気軽にご連絡ください。注文します)

新潮社の『雑貨の終わり』、筑摩書房で文庫化された『すべての雑貨』
ともにおすすめです。

商品をアプリでお気に入り
  • レビュー

    (78)

  • 送料・配送方法について

  • お支払い方法について

¥2,200 税込

最近チェックした商品
    同じカテゴリの商品
      その他の商品
        Category