1/1

読書の日記 本を出す 指を切る お葬式/阿久津隆

¥2,200 税込

SOLD OUT

別途送料がかかります。送料を確認する

出版社:NUMABOOKS
。判型:文庫
。ページ数:672ページ
。発売日:2023年05月01日

本を心地よく読む場をつくる
fuzkueの店主
阿久津さんの日記。

不思議な中毒性のある
阿久津さんの日記は
noteでも読んでいましたが、
本になると印象が変わって
なおよい感じです。

あんまり本を読まなくなったな
という方、
ぜひ阿久津さんの文章を
読んでみてください。
次々本を読みたくなります。

以下は出版社ホームページより。

本を読む人と、その生活。心地よく本を読むことに特化した〈本の読める店〉「fuzkue」店主による、読書の喜びに満ちた日記シリーズ、第3弾。

額に入れた絵画のような美しい表紙の、厚さ5cmのハードカバー。装画・長谷川海。

登場する本(一部):マルセル・プルースト『失われた時を求めて』ミシェル・レリス『幻のアフリカ』中井久夫『徴候・記憶・外傷』阿久津隆『読書の日記』保坂和志『ハレルヤ』滝口悠生『茄子の輝き』ロバート・クーヴァー『ユニヴァーサル野球協会』伊藤亜紗『どもる体』など。

◎著者について
阿久津隆(あくつ・たかし)
1985年栃木県生まれ。東京・初台にある〈本の読める店〉fuzkue 店主。2020年4月には下北沢店もオープン。著書に『読書の日記』(NUMABOOKS)、『本の読める場所を求めて』(朝日出版社)

商品をアプリでお気に入り
  • レビュー

    (79)

  • 送料・配送方法について

  • お支払い方法について

¥2,200 税込

SOLD OUT

最近チェックした商品
    同じカテゴリの商品
      その他の商品
        Category