1/1

十二支妖異譚/福井栄一

¥1,980 税込

SOLD OUT

¥15,000以上のご注文で国内送料が無料になります。

別途送料がかかります。送料を確認する

発行:工作舎 2020年11月25日
B6変型判
300頁

さまざまな古典から、
約160もの
十二支にまつわる話を集めた書。

著者の福井栄一さんは
上方文化評論家で
収集された話の幅広さはもちろん、
その知見は
現代語訳の読みやすさにも
あらわれているように思います。

書名に妖異譚とある通り、
おさめられている話は、
怪談や奇譚の類。

イメージとはちがう
十二支の一面、
そして過去の生活や風習が
垣間見えるのも面白いです。
祟って、化けて、恩返し。

神話、伝説、民話から読本、歌舞伎まで
鼠、牛、虎、兎、竜、蛇、
  馬、羊、猿、鳥、犬、猪……
怪談、奇談、因縁話、主役はいつでも「十二類」。
邪気がないから、なお怖ろしい。
怖ろしいから、霊力横溢。
天下泰平、家内安全、病魔退散。

■目次
はじめに
子—鼠の章
 鼠、指を噛む/大国主命と鼠/呑んだものは何か/空飛ぶ鼠 など
丑—牛の章
 牛へ化する女/霊牛のこと/鬼同丸の待ち伏せ/母牛の怨み など
寅—虎の章
 雪山に消えた息子/荒野で虎に遭う/虎の前世/虎魄(こはく)のこと など
卯・兎の章
 生皮を剥がれた兎/兎の発心/兎は神/波に兎/月と兎 など
辰—龍の章
 梵鐘を愛する龍/登龍のこと/龍王の油断/挨拶に来た龍 など
巳—蛇の章
 蛇の執念/笛の音を聴く大蛇/熊と争った大蛇/殺しても殺しても など
午—馬の章
 幻術使いと馬/物を言う馬/馬上で歌うな/怪死者二名 など
未—羊の章
 羊の舌を抜いた男/殺した羊の正体/羊乳と地生羊 など
申—猿の章
 鞠の精の正体/猿になった子ども/猿の剣術/猿の舞 など
酉—鶏の章
 頭に生えてきたもの/一本足の鶏/闘鶏の真意/鶏を忌む里 など
戌—犬の章
 天の怪異と犬/六本足の犬/犬に見え、人に見えぬもの/犬の変化 など
亥—猪の章
 源為朝と大猪/青い怪光の正体/霊猪現る/動く墓 など
おわりに

■著者紹介
福井栄一(ふくい・えいいち)
上方文化評論家。1966年、大阪府吹田市出身。京都大学法学部卒。京都大学大学院法学研究科修了。法学修士。四條畷学園大学看護学部客員教授。京都ノートルダム女子大学国際言語文化学部および関西大学社会学部の非常勤講師。上方の芸能や歴史文化に関する講演、評論活動を精力的に行い、マスコミ出演も多数。本書が通算34冊目の著作となる。剣道二段。
http://www7a.biglobe.ne.jp/~getsuei99/

商品をアプリでお気に入り
  • レビュー

    (46)

  • 送料・配送方法について

  • お支払い方法について

¥1,980 税込

SOLD OUT

最近チェックした商品
    同じカテゴリの商品
      その他の商品
        CATEGORY